処女膣破壊輪姦


ひとつ想像してみて頂きたいのだが、例えばまだできて間もない傷口があるとする。その傷口が乾く間もなく、続け様に鋭利な物でえぐられる。多くの人が背筋に寒いものを感じるだろう。本作に収録されし映像は前述したそれを遥かに凌ぐ、まさしく鬼畜の所業である。下校途中のか弱き少女に目を付け強引に土の上に押し倒し、複数人がかりで押さえつける。まだ誰のモノの侵入も許した事の無いであろう汚れ無き幼膣は、既に赤褐色に硬直した陰茎でもって破壊される。一人が終わっても次、また次と繰り返される無限地獄輪姦。使い終わりボロ雑巾のように捨てられた少女の膣はバックリと口を開け、鮮血すら滴っていた。

作品名 処女膣破壊輪姦

DUGA